リスティング広告の運営テク!代行業者に助力を求めて効率よく動く

男女

覆面調査をする

握手

あなたはミステリーショッパーをご存知でしょうか。いわゆる覆面調査とも呼ばれるもので、お客を装って商品を購入したりサービスを利用し、店員の接客態度等の調査を行うものです。

詳細へ

名刺を管理する

男性

名刺管理システムは、営業や顧客管理などを柔軟に取り組むのに必要なものです。すぐにデータを引き出すことができるので、とても便利です。インターネット上には比較サイトもあるのでそれぞれのソフトの特徴を知ることができます。

詳細へ

コンバージョンタグの利用

ウーマン

リスティング広告を始め、WEBの世界に掲載されている広告というのは全て何らかの意味を持っています。例えば単純にモノを販売するための誘導広告の場合もあれば、注意喚起を行なう広告、またある特定のユーザーに知らせるための広告など、広告というのは掲載する人が何らかの意思を持って掲載をしています。広告を掲載する以上、何らかの成果というのを客観的に把握する必要があるわけで、把握した内容によって広告が正常に目的を果たしたのかを判断することが出来ます。この判断を行なうためにはコンバージョンという概念を取り入れる必要があり、コンバージョンとはECマーケティングにおける何らかのアクションを指します。コンバージョン率を求めるにはコンバージョンタグを用いることになり、このタグが反応することでコンバージョン率という数値が変わってきます。リスティング広告におけるコンバージョンタグは、Googleアナリティクスでも取得することができ、Googleアナリティクスでは特別なことをせずにトラッキングすることが可能になります。

コンバージョン率が高いという事は単純に広告からの何らかのアクションが発生した数が高いという事になり、WEBマーケティング担当者は毎日の用にコンバージョン率をチェックすることになります。もしコンバージョン率が昨日に比べて低いという場合は、何らかの異常が発生している事が疑うことが出来ますし、ページ障害で広告が表示されていないこともいち早く察知することが出来ます。またコンバージョン率はマーケティング分析で重要な値になり、正しい値を取得できる事が求められます。Googleアナリティクスでは広告毎にコンバージョンタグを取得することができ、タグを該当ページに埋め込むことで分析を行なうことが出来ます。ページに載せているリスティング広告を対象にコンバージョン率を測ってもいいでしょうし、必ず広告でなければいけないわけでもありません。例えばあるページから製品問い合わせページにアクセスした割合を調べることも可能で、製品問い合わせに至るまでのユーザーの興味等を探る事も可能になります。同時にABテストなども行なえば、より最適なマーケティングが進められるでしょう。Googleアナリティクスのコンバージョンタグを取得するのは非常に簡単であり、数分もあれば新規でタグ取得をすることが可能です。

リスティング広告で、コンバージョン率を計測し続けるのは、正直難しいという企業も中には存在します。スタッフの人数や取り掛かっている事業によって毎日コンバージョン率チェック、タグ取得に関する業務に力を費やすことができない可能性もあります。その際には、代行業者を利用するのも一つの方法です。代行業者なら、その道の専門スタッフがコンバージョン率チェックやタグ取得を忙しい依頼者の代わりに遂行してくれます。

こちらもおすすめ

  • eセールスマネージャーRemix Cloud

    営業日報を導入する予定があれば、ぜひコチラに注目してみると良いでしょう。機能性に富んでいるのでオススメです。
  • 成功するリスティング広告広告代行

    リスティング広告の代行を行ってくれる優良業者をお探しならこちら。コストを抑えて成果を出したい方は必見です!

IT化の波が押し寄せる

男女

一昔前までは営業日報はアナログでなされてきました。しかし、最近ではIT化が進んだこともあり便利な営業支援システムとして導入されだしています。出先で簡単に報告することができるため、残業をする手間も省くことができます。

詳細へ